So-net無料ブログ作成

神宮外苑 [イラスト]

神宮外苑S2.jpg

神宮外苑

 風が木の葉を巻き上げて吹き抜けてゆくとき、それは精霊達が通り過ぎてゆくからだという言い伝えがアイルランドにある。人々は十字をきって手を合わせるという。
 銀杏並木の黄葉が美しい神宮外苑はスポーツのメッカとして絶えず若者の声が響いていた。しかし昭和18年以降、ここから多くの若者たちが学業半ばに銃を担い前線に送られた。学徒出陣である。マリアナに、インパールに、ルソン、沖縄に、そしてシベリアに彼ら若い命が散った。戦没学徒は推計13万人とされるが正確な資料はどこにもない。挙句の果て日本は戦争にぼろ負けし、原爆を2発も食らって無条件降伏。それでも開戦を決め戦争を推進し、鬼畜米英を声高に唱えていた者達はしたたかに生き残り、臆面もなく「一億総懺悔」などと言って戦争責任を棚上げされて親米右翼に変身した。
 日本国民はあれから70年経った今もまだ、彼ら学徒や若者を死に追いやったこの戦争犯罪人達を自らの手で裁いてはいない。



共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。