So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年06月 |2009年07月 ブログトップ

彦根城遠望 [イラスト]

伊吹山.jpg

彦根城遠望

 地域労働者の共闘を呼びかけて東奔西走し、近江八幡から湖岸を愛知川河口付近まで来ると陽は西に傾き比良の山脈が黒い影となっていた。湖上遙かに伊吹山がたおやかな山容を見せ、賤ヶ岳から少し距離を置いて彦根市街が望めた。よく目をこらすと小高い丘の上に彦根城が白い点となって輝いている。道三が往き、光秀が通い、信長が覇を唱えた道を自転車を押して行くと湖面は夕陽に黄金色に輝き、あたかも希望の道を歩むかのように元気が出た。
 団体交渉で会社が賃上げ額を百円、二百円と小出しにする中で妥協しようという者が増えはじめ、結束が崩れて失意のうちに彦根を去るのは翌年の春である。


共通テーマ:アート

京都美山町 [京都]

京都美山町小.jpg 

京都美山町

 高山寺の和尚が煎れてくれた茶をすすり、杉坂から国鉄バスに乗ったのは秋の陽が少し傾きかけた時刻だった。京北町を過ぎいくつかの峠を越えて美山町に着く頃には、あたりに夕闇が迫り紅葉した山の端が朱く染まっていた。かやぶき屋根の民家が並ぶ北村の集落では早くも明かりが灯り、農作業帰りのお百姓が荷車を引く牛の手綱を取り、後ろに麦わら帽子の子供が一人ちょこんと乗っていて、以前にライフ誌で見た東南アジアののどかな田園風景の写真に重なった。ナパーム弾の炎に逃げまどう彼らを思うと怒りがこみ上げてきたが、帰りのバスの時刻も気になったので再び周山街道へ出た

共通テーマ:アート

白川女 [京都]

白川女.jpg

白川女

 銀閣寺道から山中越えに向かう道は白川に沿ってなだらかに登ってゆく。途中の北白川神社前の広場では、これから市内に出かける白川女たちがめいめいの今日行く場所を話し合っているのだろうか、年配の女性を中心に談笑していて、白川の瀬音が絶え間なく聞こえていた。
 新宿駅西口広場を追われ下宿に転がり込んだ友と明け方まで語り合い革命と恋の悩みを聞かされたのは、まだ北白川に残っていた花畑に矢車草が揺れるさわやかな日だった。彼の思いはついに実を結ぶことなくただ傍観するだけの群衆の中に消え、その後僕は反戦活動に身を投じ、下宿は警察の手入れを受けることになった。



共通テーマ:アート

三条小橋 [京都]

三条小橋002小.jpg

三条小橋

 武蔵とお通が再会するのは京の三条大橋である。三条小橋はそこから河原町に向かう途中の高瀬川に架かっている。川に沿う木屋町通りは、近代日本の夜明けに活躍した志士たちの逸話で彩られ、川岸に植えられた桜は若く小ぶりだが春になると毎年よく花をつける。
 祇園石段下で機動隊と衝突し、警官に追われて仲間と円山公園、知恩院を経て木屋町の飲み屋に逃げ込んだときは、まるで勤王の志士気取りだった。後日飲み代のかわりに置いてきた学生証を取りに行った帰り、三条小橋で和服姿の京美人とすれ違った。満開の桜の中、その人の姿が見えなくなるまで目で追い続けた。



共通テーマ:アート

-|2009年06月 |2009年07月 ブログトップ